滋賀県一周トレイルに挑戦!その5

f:id:jkondo:20170522121830j:plain

未知の道へ(2017年5月22日)

朽木で目覚めた3日目。
今回の旅に出る時には、「まずは週末やってみて、その後続けるかどうかはそこで考えよう」と思っていましたが、ようやくここから本格的に知らない道に入れること、身体もまだ動くこと、天気が良いことを考えると、特にやめるという選択肢は考えられませんでした。

自然な流れで、スタート地点に向かいます。なんとなくこんな感じで、最後まで行けちゃったりするのかな、という考えも浮かび始めました。

今日のコース、まずは、昨日やり残した叫び越えを越えて桑原に降り、そこから高島トレイルが始まります。

高島トレイルの全長は80km。全部を一気に行くのは難しいので、今日は前半が終わる若江園牧場まで行けると良し。
そこまで45kmほどありそうでかなり長いですが、途中で降りても、また明日登り直さないといけなくなるので、ぜひ前半はクリアしたいところ。

一度高島トレイルに入ると、給水はほとんどできません。
唯一、おにゅう峠には車で上がれるので、そこで水分と食料を補給してもらって、残りは背中に背負って走り通す計画です。
自ずと、水が多くなり、ザックがいっぱいになったので、ドローンを背負うのは諦めました。

叫び越えで叫びたい気持ちに

f:id:jkondo:20170522073120j:plain

まずは最初の叫び越えから。早めにここをクリアして、高島トレイルに入っていこう、と歩きはじめますが、いきなり道がありません。
ううむ。これは嫌な予感。

叫び越え。桑原の集落と朽木方面を結ぶ峠道で、現在車道が通じている入古谷越を随分ショートカットできますし、ここを越えて反対側に行く人は結構いるんじゃないかと思っていたのですが。。

f:id:jkondo:20170522073428j:plain

峠の東側の道は、古い北山の山と高原地図では実線ですが、最近の版では点線になっています。それでもともと不安はあったのですが、とりあえず入り口からしてどこが道かよく分かりません。川には橋も何もありません。

仕方がないので靴と靴下を脱いで裸足になって、川の中を横切り、地形を見ながら谷に沿って登っていきます。

f:id:jkondo:20170522074903j:plain

それでも最初のうちは、まだ歩きやすかったのですが、次第に川の傾斜が出てくると、上手にルートを取らないと進めなくなってきました。
川の両側に大きな岩が出てきて、うまく越えられなくて反対側に戻ったりしつつ登っていきます。

f:id:jkondo:20170522075758j:plain

が、トチの大木を過ぎたあたりで、いよいよ川沿いにうまく進めなくなってきました。

f:id:jkondo:20170522080938j:plain

仕方なく、左側斜面を強引に上までよじ登ってみたのですが、斜面があまりに急で、そこから本来道があるはずの谷に戻ることができなくなってしまいました。
仕方がないので、そのまま南向きに斜面を上へ上へと登っていきます。

f:id:jkondo:20170522083441j:plain

本来のルートからはだんだん外れていきますが、崖のような斜面を戻るくらいなら、大回りして尾根沿いに進んだほうが安全だと考え、そのまま尾根の上へ。

f:id:jkondo:20170522083443j:plain
f:id:jkondo:20170522084214j:plain

一応尾根の上にいる限りはそれほど危険はなく、多少踏み跡もあって、尾根伝いに南から大きく巻く形で叫び越えの峠に着きました。
いやあ、厳しかった。本当に叫びたくなりました。(いや、叫んだかも。)

f:id:jkondo:20170622172442p:plain
こちらが山と高原地図のルート。

f:id:jkondo:20170622172441p:plain
こちらが僕が通ったルート。

それほど標高はないし、すぐに越えられると思っていただけに、思わぬ苦戦を強いられ、時間も使ってしまいました。

f:id:jkondo:20170522084359j:plain

下り道はちゃんとした道でしたが、叫び越えを越えるのに1時間半もかかってしまいました。

f:id:jkondo:20170522090103j:plain

桑原の集落に降りると、地元のおばあちゃんが2人座っていて、「どこから来たのよ?」と話が始まりました。
「叫び越えを越えてきた」と話すと、「あんた、変な人だねえ」といきなり言われました。(まあ、変といえば、変かもしれませんが。)
「あんな道、もう誰も通らないよ。道なんてなかったんじゃない?」と、昨日も聞いたようなことを言われます。
「いやまさに、道がなくて困りました」と話していたのですが、
話していると、「私たちが若い頃は、みんなあの道を通って朽木に買い物に行っていたんだけどねえ。」と言うではありませんか。

え、こんなおばあちゃんがあんな険しい道を?と一瞬思いましたが、いやいやいや、ちょっと違いますね。おばあちゃんが若い頃、ですよね(笑)。きっと若かりし頃、少女時代があったんです。(当たり前だ)
とにかく、地元の人がみんな、あの道越えていたんだ。
それがあんな風になってしまうんですね。
道って不思議ですね。生き物みたいです。

昨日の最後の大彦峠と言い、叫び越えと言い、廃道状態の峠を無理やり越えることが2回も続き、「道がある」ということがどれほどありがたいことか、と痛感し始めました。
いつものトレランのノリで、短パンで歩いていたせいで、すねが枝や石にあたって傷だらけになってしまいました。

そもそもの正解ルートはどれだったか

白倉連山から高島トレイルにつなぐルートは、結局のところ、僕の判断はいまいちでした。大彦峠の下りと、叫び越えの上りは廃道状態でおすすめできません。

後日、Fairy Trailのコースが発表されましたが、60kmコースの該当区間はこのようなコースでした。

f:id:jkondo:20170622172443p:plain
出典:Fairy Trail

西に向かう際は烏帽子岳手前から谷を降り(そちらの道は行けたのか!)、そこから南下して西の尾根に入ります(ここもつながっているのか!)。

戻ってくる時は、叫び越えの一つ北の早谷越えを越え(こちらの道も点線だったのに、こっちは通れたのか!)、大彦峠は通らずに大彦谷林道を上ります(まさかロードで上るなんて!)。

レースで使うくらいですから、ちゃんとそれぞれ通れる道なんでしょう。今回は、地図とネットの情報だけでルートを決めましたが、ことごとく外してしまいました(笑)。

他のルートに行っていないので、最終的には行ってみないと分かりませんが、今回の正解は、烏帽子岳手前から降りて、小川集落から西の山に入り、イチゴ谷山を抜けていくルートだったんじゃないかと思います。

もう一度行くならそのルートで行きたいですし、次に行く方がいればそちらをおすすめします。(こんな変なことをやる人がいればですけど。)
それにしても、情報は大事ですね。

高島トレイルはじまる

f:id:jkondo:20170522092053j:plain

桑原の集落で少し休憩して、9時半前に、ようやく高島トレイルに入っていきます。
高島トレイルは全長80km。日本国内のロングトレイルの中でも、距離が長い部類に入るトレイルです。

f:id:jkondo:20170622172444j:plain
出典:高島トレイルクラブ

以前から行きたいとは思いつつ、なかなか来る機会がありませんでした。こうやって滋賀県を一周するついでに、全線踏破できるのは一石二鳥な感じがします。

f:id:jkondo:20170522092422j:plain
f:id:jkondo:20170522093138j:plain

入り口には、ちゃんとトレイルの道標が立っており(なぜかハングルも書いてある)、少し進むと黄色い「中央分水嶺高島トレイル」と書いたテープがところどころに巻きつけてあります。これは期待が持てます。ちゃんと道がありそうです。(期待値が低すぎでしょうか)

f:id:jkondo:20170522093854j:plain
f:id:jkondo:20170522100150j:plain
f:id:jkondo:20170522100546j:plain

ほどなくして丹波越まで上がると、ここからはずっと中央分水嶺の稜線を進みます。右側に落ちた汗はびわ湖から太平洋に、左側に落ちた汗は日本海に行くわけですね。(その前に蒸発するし、とか言わない)

f:id:jkondo:20170522101349j:plain

ブナの木や、いろんな自然の木々に囲まれた稜線を快調に進みます。道も良いです。

f:id:jkondo:20170522103231j:plain
f:id:jkondo:20170522104634j:plain
f:id:jkondo:20170522105613j:plain
f:id:jkondo:20170522105821j:plain

三国岳を越えてしばらく行くと、一度標高をぐっと下げて、少し道が不明瞭に。このあたりは、歩く人が少ないみたいです。細かいアップダウンが続く道になり、なかなかの急斜面。

f:id:jkondo:20170522115932j:plain
f:id:jkondo:20170522120023j:plain

小さいピークごとに、道標が立っているので、それを確認しながら、カベヨシ(これも急登だった)を越え、地蔵峠に。
ここは京大芦生演習林の入口になっています。

f:id:jkondo:20170522121041j:plain
f:id:jkondo:20170522121145j:plain

さらに細かいアップダウンを繰り返しながら三国峠、クチクボ峠へと進みます。この辺、地形がかなり複雑で、ぽこぽこと小さい塊を右に左に登っては降りて、とやっている間に、さっき登ったところに戻ってきたんじゃないか、と錯覚するような尾根でした。

左側は京大の芦生演習林。厳重に保護されているだけあって、原生林が元気に育ってます。

f:id:jkondo:20170522140215j:plain
f:id:jkondo:20170522140016j:plain

クチクボ峠を越えると、もう少し地形が分かりやすくなってきて、しばらく行くと右側の谷の向こうにおにゅう峠に向かう車道が見えてきます。ここからおにゅう峠はもうすぐ。

待ちに待った補給ポイントに到着!と、思ったら、ここでまたトラブル発生。自動車が脱輪して動けなくなってしまい、峠に上がって来れていませんでした。それはそれで一大事なのですが、すぐに救出に行くこともできません。(僕も朝からわりずっと一大事気味)車の方は、JAFさんに助けてもらうとして、さてどうしよう。(運転するにも道が厳しすぎですよね。)

ところが、しばらく待っていると、通りがかりの親切なバイクの方が、代わりに補給を背負って峠まで届けてくださいました。なんてご親切な。
よくよく話を聞いてみると、同じ車種の車に乗っているらしく、「車種が同じなので助けなくちゃと思った」とのこと。ラッキーとしか言いようがありません。

おかげさまで、ここで幸いにも水分補給ができました。(水がなかったら、一度降りるしかありませんでした)

f:id:jkondo:20170522145021j:plain

無事に水分は確保できたものの、またしても時間がかかってしまい、すでに時間は14時50分。残り距離はまだ20km以上あります。なかなか厳しいです。
どうしようもなくなったら、どこか途中で下に降りれば良いと思い、とにかく前に進みます。

f:id:jkondo:20170522145823j:plain
f:id:jkondo:20170522145837j:plain

鯖街道ウルトラマラソンのコースにもなっている、根来坂峠を越え(歴史を感じる風情ある峠でした)、百里ヶ岳へ。

f:id:jkondo:20170522152320j:plain
f:id:jkondo:20170522152356j:plain
f:id:jkondo:20170522153604j:plain

ここから北に大きく回り込むような形の稜線に入り、木地山峠、桜谷山、与助谷山、駒ケ岳へと進みます。

f:id:jkondo:20170522154617j:plain
f:id:jkondo:20170522155958j:plain
f:id:jkondo:20170522160920j:plain
f:id:jkondo:20170522162016j:plain
f:id:jkondo:20170522162624j:plain
f:id:jkondo:20170522164831j:plain

このあたりの稜線、実際の標高よりも高い山にいるような雰囲気があり(植生の影響でしょうか)、良い雰囲気でした。
決して絶景が見渡せるとか、そういう派手さはありませんが、何か、山にいることに集中できるというか。

北には若狭湾、南東には琵琶湖を一望できる、自分自身が日本列島の高みにいることが実感できる…まさに至宝のひとときです。水と緑、そして山と語り、風と遊び、自分と向き合う時間。それはきっとあなた自身にとっての「本当の価値」となることでしょう。

http://search.michi100sen.jp/b/michi_portal/info/C125003/?t=list

これは、1000の道に掲載されていた、高島トレイルの紹介文です。
そうそう、まさに「自分と向き合う」という感じ。高島トレイルの中でも、この区間が一番、「自分と向き合う時間」を感じました。
「あなた自身にとっての本当の価値」ってなんなんだ!という深い問いを突きつけられている感じがしますが、なんとなく、言いたいことが分かる気もしました。

f:id:jkondo:20170522164852j:plain

駒ケ岳の頂上でおにぎりを食べ、ここで道を間違えて北に降りてしまいます。こういう時間のない時に限って、やってしまうんですよね。

f:id:jkondo:20170522171538j:plain

少し降りてから気付き、戻って来て正しい道へ。南尾根を進みますが、どんどん日が落ちてきます。
西日に彩られた森は、とっても雰囲気があって、道も最高に走りやすいのですが、やはり時間がないので少し焦ります。

f:id:jkondo:20170522184535j:plain

池原山の分岐や横谷峠で、「このあたりで降りてしまったほうが良いだろうか」と一瞬考えますが、残りは下り基調であることを考えると、まだ明るさの残っているうちにゴールできる可能性はありそうだったので、進むことに。

横谷峠は想定と違って舗装林道だったので、ここでも一応補給はできるようでした。

f:id:jkondo:20170522184538j:plain

行者山への分岐を越え、最後の尾根を下ります。もう上りは終わりだろう、と思ってからも、何度か小さな上りが現れ、まだか、まだか、と進み続け、ようやく若江園牧場に到着。

f:id:jkondo:20170522190306j:plain

長かった〜。山を降りた時には、19時を過ぎていました。
一応ヘッドライトは使わずに降りてこれましたが、ぎりぎりでした。日が長いのに助けられました。

今日の距離45.2km。累積標高2946m。行動時間11時間30分。
いろいろ最長です。

f:id:jkondo:20170622200750p:plain

高島トレイルは、結局とても良い道だったのですが、他のところで朝からいろいろあり、少し厳しい一日になりました。
今度はもうちょっと余裕を持って、味わいに来たいです。

この日も、昨日と同じく朽木のてんくうに宿泊。なんと、スタート地点よりも、ゴール地点の方が宿舎に近いという、不思議な現象が発生しました。
高島トレイルの西側に向けてぐうっと広がっている区間を走ったので、そうなるわけですが、進んでいるのか後退しているのかどっちなんだよ!と軽くツッコミ入れつつ、宿舎に向かいました。

随分遅い時間になってしまいましたが、温泉に入って食事して、早めにやることを終えて、明日に備えます。
明日は高島トレイルの後半。後半もまた、40kmあります。ちゃんと回復できるかな。

(つづく)

滋賀県一周トレイルに挑戦!その4

初日に40km走った翌日。大原で目覚めました。
朝、また走り始める気になるかな、と思っていたけど、一晩眠って、朝を迎えてみたら、「ぼちぼち行きますか」という気持ちになりました。出発します。
そういえば、サイクリングの時も、毎朝こういう感じだったな。

f:id:jkondo:20170521083530j:plain

今日のコースは、比良山の主な山々を縦走し、一度朽木へ。そこから白倉岳の山脈を越えるくらいまでは行きたい。できれば、高島トレイルの入り口まで進んでいけるとベストです。

比良山縦走

昨日ゴールした平のバス停まで移動し、歩き始める。昨日は途中からバテてしまったので、今日はさらにゆっくりペース。
それでもしばらくして権現山に到着。

f:id:jkondo:20170521092000j:plain
f:id:jkondo:20170521092013j:plain
f:id:jkondo:20170521092130j:plain

なかなかの展望です。

ここで後ろからシャツ姿のトレイルランナーが登場。登りも走ってます。
わ、なんか強そうな人が来た、と思ってご挨拶し、しばらくついていってみるものの、一瞬で離れていきました。
うーん、やっぱりペースが違います。しょうがないですね。毎日続けるには、続けられるペースで行くしかないです。

f:id:jkondo:20170521092657j:plain
f:id:jkondo:20170521094732j:plain
f:id:jkondo:20170521094727j:plain
f:id:jkondo:20170521101353j:plain

ホッケ山から蓬莱山までの稜線は、比良山系の中でも最も景色の良い区間。ここで今日もドローン登場!
そして、ついに自動追尾(Active Track)に成功した気がします!


170521ホッケ山、蓬莱山

どうでしょうか。なかなか気持ち良いですよね。
こういう木がない展望が開けた場所は具合が良いみたいです。
自分で走っていると、実はここまでの展望が見えるわけではないので、「きっとこういう場所を走っているんだろうな」と頭で補完している部分もあるんですが、ドローンだとそういう景色の中にいる自分が一つの絵に出来てしまうので、走っている人間としても感慨深いものがあります。わー、こんなところ走ってたんだなあ、という新鮮な驚きが。

f:id:jkondo:20170521102434j:plain
f:id:jkondo:20170521102533j:plain
f:id:jkondo:20170521103036j:plain

蓬莱山の頂上では、「登山道は大丈夫ですが、びわ湖バレイスキー場内はドローン禁止なので注意してください」と係の人に言われて、ギリギリで着陸させて本日の撮影は終了。

f:id:jkondo:20170521103842j:plain
f:id:jkondo:20170521103850j:plain

ゲレンデを下って打見山にある「びわ湖テラス」へ。最近できたと思うんですけど、何ていうんでしょう、おしゃれカフェみたいなのが、突如山の上に姿を現します。水が張ってあって、その向こうにびわ湖が続いて見えて、これはインフィニティなんとかとか言うんですかね。よく知らないですけど。

ロープウェイで上がってきた、都会的な格好の人たちがうじゃうじゃ。そこに混じって、おにぎり食べます。もぐもぐ。はい、浮いてます。一回寄ってみたかったんです。すぐに立ち去るので許して下さい。

f:id:jkondo:20170521105918j:plain
f:id:jkondo:20170521110432j:plain

ドローン飛ばしたり、おしゃれを堪能している間に、時間は10時半に。まだ7kmしか進んでません。
さて、ここから少しペースを上げていきましょう。ということで、比良山縦走路へ。

f:id:jkondo:20170521114919j:plain
f:id:jkondo:20170521120810j:plain
f:id:jkondo:20170521123141j:plain

金糞峠から、武奈ヶ岳を目指します。が、眠い。。眠いです。
昨日はそんなことなかったんですが、疲れなんでしょうか。
ぼーっとしてきて、とにかく眠い。

f:id:jkondo:20170521123150j:plain

こんな感じなら、一度どこかで10分くらい昼寝してしまった方がしゃきっとしてむしろ早くなるんじゃないか、という気もするんですが、頭のまわりをブンブンとハエが飛んでいて、こんなところで寝転んだらハエにナメナメされるなあ、なんて考えつつ歩いているうちに、結局武奈ヶ岳手前に到着。

f:id:jkondo:20170521124419j:plain

山頂に行ったら日陰もないし、昼寝するなら今しかない、と木陰に座ってみるものの、何故か眠れず。結局また歩きだして武奈ヶ岳に登頂。

f:id:jkondo:20170521130133j:plain
f:id:jkondo:20170521130345j:plain
f:id:jkondo:20170521130303j:plain

山頂には、たくさんの登山グループがいて、みんな楽しそうにお昼ごはんを食べています。カップラーメン作ったり、コーヒー淹れたりして、ちょっとうらやましい。僕はと言うと、山頂の記念写真を撮ったら、特にやることもなし。

ちょっと心残りな気もしつつ、山頂を後にしました。
が、あとで分かったことですが、なんとその少し後に、同じ会社の山部のメンバーが登ってきたらしいです。心残りな気がしたのは、それもあったんでしょうか。惜しい!

f:id:jkondo:20170521132719j:plain
f:id:jkondo:20170521133104j:plain
f:id:jkondo:20170521133646j:plain

武奈ヶ岳からイクワタ峠までは、初めて出てきた「はじめて通る」ルート。2日目の昼にして、ようやく知らない道が出てきました。
釣瓶岳を越えると、展望が開けたりして、なかなか良い雰囲気の稜線です。

f:id:jkondo:20170521135231j:plain

イクワタ峠からは、Fairy Trailで通った走りやすい下り道。
ここから一度、朽木まで一気に下ります。

朽木の国道に出ると、こんこんと流れる水汲み場があります。この水がまたうまい。
ここで地元のおばちゃんたちとおしゃべりし、ようやく木陰で一休み。ちょっと昼寝しました。

今日も気温が暑くて、眠気もあるし、疲れ気味。
ここからはじまる白倉岳への上りは標高差700mくらいの急登。またしんどいんだろうなあ、と思うと、一旦身体を落ち着けないとやってられない気持ちになります。

f:id:jkondo:20170521140958j:plain

白倉岳への急登、下り道さがし

しばらく寝ていると、それでもちょっとリフレッシュできて、さてそろそろ行くか、と白倉岳に取り付きます。
さすがにまだ2時台だし、ここでやめるわけにも行きません。せめて次の山を超えるまでは行きましょう。

白倉岳の急登に入るとしかし、予想していたよりも足が動きます。ちょっと休んだのが良かったのでしょうか。
身体って不思議なものです。眠くなったり、回復したり、自分では制御できない波がある。
その波とうまく付き合っていくのが大事なんですね。ある程度受け入れながら。

f:id:jkondo:20170521161257j:plain

白倉岳の中岳にはどでかい杉が生えてます。この山のシンボルみたいな木。おっす、と挨拶。

f:id:jkondo:20170521161335j:plain

ここから、高島トレイルの方面に向けて、道をつなぐのですが、選択肢がいくつかあります。

f:id:jkondo:20170621205002p:plain

1つは、烏帽子岳手前の道を下り、イチゴ谷山近辺から早めに高島トレイルの稜線に入るルート。
もう1つは、823mピークから稜線伝いに下り(ヤマレコでログが上がっています)、叫び越えから高島トレイル起点にアプローチするルート。
3つ目は、大彦峠まで稜線を進み、そこから下って、叫び越えにつなぐルート。
どれが良いのかは、行ったことがないので分かりません。

ちなみに、今年からFairy Trailに60kmコースが新設され、高島トレイル方面にコースが伸びる、というアナウンスがあったので、ぜひそのコースを参考にしたかったのですが、この時点では詳しいコースは発表されておらず、参考にすることは出来ませんでした。(結局その影響で少し大変な目に合うことに)

僕が行くことにしたのは、白倉岳からまず北向きに稜線を下り(ここは、Fairy Trailのコースの中でも、一番気持ちのよい極上トレイルです)、823ピークから下れそうであればそこから下る。無理そうなら、大彦峠まで行って下る。823ピークからの下山路は、地図には全く道がないので通れないかもしれませんが、少なくとも大彦峠からの道は山と高原地図で実線なので最低でもそこは通れると判断しました。

f:id:jkondo:20170521165000j:plain
烏帽子岳手前の南分岐地点)

烏帽子岳から下る場合は、極上トレイル区間があまり走れないのでもったいないのと、イチゴ谷山付近の道がどれくらいちゃんと付いているか分からないこと。あとは、高島トレイルが全線踏破できなくなることなどから見送りました。(どれが正解だったかはこのあと分かりますw)

f:id:jkondo:20170521163253j:plain

823ピークにたどり着き、西側の尾根に降りる道を探しますが、全然ありませんでした。少しルートはないものかとうろうろしましたが、やっぱり道は見つからず。かなりの急な斜面で、藪漕ぎで下るのも危険だと判断し、断念。ヤマレコのログは、おそらく雪の上を歩いたりしたものではないかと思いました。

f:id:jkondo:20170521171350j:plain

おかげで極上トレイルを長く走れるぞ、と思うことにして、さらに稜線を北上。大彦谷林道との交差点(Fairy Trailの最終エイド地点)を越え、大彦峠に到着。さて、西に下るか、と峠道を歩き始めると・・・なにこれw。

地図では実線なのですが、西側のルートは荒れ気味。(ちなみに、東側はよく歩かれている感じでした)
というか、誰かが歩いた痕跡はほとんど見当たりません。一応道がへこんでいるので、ルートは分かるのですが、倒木がかぶさったりしていて荒れ放題。木や枝をかき分けながら進んでいるうちに、頭が葉っぱと蜘蛛の巣だらけに。

とにかくここまで来てしまったら、降りきるしかない、と、さらにかきわけかきわけ。ようやく下の沢までたどり着きました。ふう。
結局最後まで、人が歩いた痕跡は無く、最後は田んぼのあぜ道を歩いて道に出ました。
地元のおばちゃんがいて、「一体どこから出てきたの?」と目を丸くしていました。
「ここは大彦峠の道じゃないんですか?」と聞くと、「この道は、もう歩く人なんかいないよ」とのこと。
いやあ、山と高原地図で実線にするのはちょっと厳しいですよね、ここは。

ということで、厳し目のコースを通って下に出たのがもう17時過ぎ。さすがに高島トレイルの入り口までたどり着くのは難しくなりました。せめて、叫び越えの入り口まで行っておこう、とロードを走って、今日の行程は終了。

f:id:jkondo:20170521175947j:plain

朽木のてんくうに泊まり、温泉に入りました。

2日目は35km、累積標高2500mでした。昨日よりもさらに5km距離が短くなりましたが、標高は同じくらいです。
はてさて、このペースで行くと、三重まで一体何日かかるんでしょうか。

ここまでは、大半が走ったことのあるルートでしたが、明日からは一転、全てが未知のルートです。
さて、どんな道が待っているのでしょう。

(つづく)