読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

養老山脈を縦走してみました

f:id:jkondo:20170305151121j:plain
三重県岐阜県の境界にそびえる養老山脈。
あまり高い山でもなく、登山で登るには物足りないからか、山と高原地図も全部はカバーしていないんですが、ここがなかなか、なだらかな山が続いてトレラン向きの山だ、ということで、一度走りたいなと思ってました。

ちょうど三重の実家に滞在する用事があったので、一度行ってみることに。

f:id:jkondo:20170305151337j:plain

多度山の麓に車を置き、多度駅まで走って養老線養老駅へ。そこから山に入ります。

まずは養老の滝がお出迎え。実は初めて来ました。養老の滝と言えば、飲み屋ですよね。
でも、水はお酒の味はしませんでした。(当たり前か)

f:id:jkondo:20170305151546j:plain

滝から三方山へ登っていくと、次第に雪が出て来ました。
あれ、雪は想定してないぞ?笑

f:id:jkondo:20170305151636j:plain

三方山到着!木曽三川の眺望が素晴らしい!

f:id:jkondo:20170305151711j:plain

牧場との分岐。
あれれ、雪が。。

f:id:jkondo:20170305151807j:plain

どひゃー。なんだこの雪。
もう雪山やんこれ笑

f:id:jkondo:20170305151858j:plain

実は靴はロード用のエスカランテしか持って来てなくて、防水どころか、アウトソールのブロックも無いんです。
すべるすべる。
濡れる濡れる。

f:id:jkondo:20170305152008j:plain

まあとりあえず、なんとかなるだろう、ということで、こんな道を進みます。
三歩に一歩くらい、雪を踏み抜いてずぼずぼ。
もう、トレランというより雪遊び状態笑

f:id:jkondo:20170305152115j:plain

それでも養老山頂に到着。
ここまで来たら、進むしか無いですよね。

f:id:jkondo:20170305152152j:plain

さすが北斜面。こんな感じで、完全に雪に覆われてます。
登りはまだ良いんですが、下りはずぼずぼ足を取られるわ、靴に雪が入って濡れるわ、雪に引っかかって靴が脱げるわで、大変。
夢中で進んだのも今は良い思い出。笑

f:id:jkondo:20170305152331j:plain

しばらくいくとようやく雪が減って来て、進みやすくなりました。

養老山脈は南に行くほど標高も低いので、きっと雪もなくなるだろうと思っていましたが、実際雪は前半だけでした。

f:id:jkondo:20170305152458j:plain

雪がなくなってからはペースも上がり、庭田山頂に到着。

f:id:jkondo:20170305190518j:plain

雪がなくなってからは順調に進みます。
稜線の山道と、稜線のすぐ下くらいに林道が並走していて、林道を走るか山道を行くかの判断をしょっちゅう迫られる感じで、この辺は地図を見ることが多くなりました。

結局、山道もちゃんとしていたりしていなかったりで、一回山道を走ったら、次の区間は林道で、みたいな、一回ごとに行ったり来たりするような感じで進みました。

f:id:jkondo:20170305190812j:plain

名前のついたピークはちゃんと踏んでおこう、と思って通った石津御嶽。
ピークと言うよりは、祠という感じ。

f:id:jkondo:20170305191000j:plain

パラグライダーの台(?)。景色良かったです。

f:id:jkondo:20170305191123j:plain

長いなあ〜と思ってましたが、無事に多度山に到着。
雪で進めないときは、どうなることかと思っていましたが、後半はスムーズに進めました。

f:id:jkondo:20170305191252j:plain

多度山から十分くらいで登山口に下ってゴール!距離は33キロでした。
養老山脈はなだらかですね。しかも、南下するとだんだん標高が下がって行くので、基本的にゆるい下り基調。
それもあってか、この距離にしては、あまり後半足が疲れなかったです。
地図を見たりしてちょくちょく止まっていたのもあるかも知れませんが。

自分としては、足が長距離に慣れて来て、走り方もよくなって来たので疲れにくくなっていると思いたいですが、今年の練習量を考えるとどうでしょうね。笑

とにかく、前から行きたかった山脈を一つ制覇できて良かったです。

RUN+TRAILの記事になりました

当ブログに書いていた、京都から三重までトレイルをつなげて帰省した記録が、なんと雑誌『RUN+TRAIL』の記事になりました!

第1回:京都から三重の実家まで、トレイルを走ってみた - Tender is the Mountain
第2回:京都から三重の実家までトレイルを走ってみた - 京都から柘植まで1 - Tender is the Mountain
第3回:京都から三重の実家までトレイルを走ってみた - 京都から柘植まで2(回想録) - Tender is the Mountain
第4回:京都から三重の実家までトレイルを走ってみた - 柘植から菰野まで(回想録) - Tender is the Mountain

f:id:jkondo:20161230181611j:plain
今月発売号の特集は、「三重県」!
三重県出身者としてはたまりません。

f:id:jkondo:20161230181541j:plain
鈴鹿山脈の紹介記事などが続いた後に、現れました、「京都から三重 トレイルをつなげて帰省」。
サブタイトルは、「市民トレイルランナー 近藤淳也さんのチャレンジ」。
(市民トレイルランナーって、ちょっと新鮮w)
なんと、6ページにも渡る記事になりました。

もともとこのブログに記事を書いていたのを、RUN+TRAILの鈴木さんが発見してくださり、記事にできないか、と打診を頂きました。
昨年記事を書いた時は、公開してもあまり読んでくれる人もおらず(笑)、三重県まで辿り着くまで書き終われないままになっていました。(走るよりも書く方で途中リタイア状態w)

ところが今回、記事化の打診を頂いて、「まだ記事が完成していないのですけど」とお話したら、ぜひ最後まで書いてみてください、ということになり、記憶を掘り起こしながら書いたのが先日の記事でした。
(長ったらしい僕の文章は、鈴木さんの素晴らしい編集でとても読みやすくなっていますw)

楽しそうだな、と思ったことを、勝手にやっていただけなんですけど、やっぱりうれしいですね。

f:id:jkondo:20161230181432j:plain
それだけでもう満腹なんですけど、後半のトレラン大会ランキングコーナーを何気なくめくっていたら、比叡山トレイルランの大会写真に自分の走っている姿が!(笑)

これはもう、完全に偶然だと思うんですけど、お陰で複数ページでデビューしてしまいました。

昨年から始めたトレイルラン、今年はたくさんの知り合いができたり、こうして雑誌で紹介していただいたり、一気に広がりが増えた一年になりました。来年は仕事も忙しくなりそうですけど、楽しく山と付き合っていきたいなと思います。来年もよろしくお願いします!

RUN+TRAIL、まだ読まれていない方は、ぜひ手にとってみてください!