読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧れの槍・穂高縦走に挑戦!(後編)

f:id:jkondo:20161010053633j:plain

(前編からの続きです)

翌日目覚めてみると、今日も晴れ。
宿のご主人も、朝ごはんを出しながら、
「皆さん、喜んでください。今日は・・・晴れです!」
と、まるでこっそり用意していたプレゼントを差し出すかのように、教えてくれました。

f:id:jkondo:20161010050000j:plain
f:id:jkondo:20161010051403j:plain
f:id:jkondo:20161010052808j:plain
全ての用意を整え、5時に朝食を頂きました。
そして5時10分には出発。
まだ暗い道を、ヘッドライトの灯りで進みます。

f:id:jkondo:20161010054238j:plain
北には一昨年歩いた裏銀座の山々が。
谷は雲海です。

f:id:jkondo:20161010053756j:plain
f:id:jkondo:20161010054234j:plain
ビックリ平を越える頃には、空が白んできました。
行く先には、常に槍ヶ岳
どこから見てもそれと分かる格好で、そびえ立っています。

否が応でも、槍への気持ちが募ってきます。

f:id:jkondo:20161010054407j:plain
夜は氷点下だったようで、あちこちに霜柱ができていました。

f:id:jkondo:20161010055923j:plain
f:id:jkondo:20161010055723j:plain
f:id:jkondo:20161010061329j:plain
西岳あたりで、ご来光を向かえました。
槍ヶ岳がモルゲンロートに染まります。
ついでに霜柱ちゃんたちも染まります。

f:id:jkondo:20161010062151j:plain
f:id:jkondo:20161010062647j:plain
本当は昨日たどり着く計画だったヒュッテ西岳に、6時半ころ到着。
ここで計画より30分遅れ。
さて、どれだけ巻き返せるか。

f:id:jkondo:20161010063320j:plain
西岳から水俣乗越までは少し急な下り。
いよいよハシゴが出てきました。
本当は後ろ向きに下るのが正しい下り方なんだと思いますが、
僕はある程度の傾斜までだと前向きに下るのが好きです。
(危ないって?はい、すみません。。なんか、そっちの方が怖くないんですよね。。)

f:id:jkondo:20161010064700j:plain
f:id:jkondo:20161010065030j:plain
f:id:jkondo:20161010065158j:plain
槍ヶ岳、槍沢を眺めつつ、水俣乗越へ。
ここからは逆に、きつい傾斜の登りが始まります。
(誰かが橋でもかけてくれたら良いのにね。。なんて思ってはいけませんw)

f:id:jkondo:20161010071658j:plain
ハシゴも現れる岩場の急傾斜。
ここがなかなかつらかった。
朝から全然スピードが上がりません。

f:id:jkondo:20161010073806j:plain
f:id:jkondo:20161010074638j:plain
ヒュッテ大槍を過ぎると、ようやく傾斜がゆるくなり、
目の前にはどかーーん、と槍ヶ岳
どかーーーん。

f:id:jkondo:20161010075524j:plain
f:id:jkondo:20161010080023j:plain
f:id:jkondo:20161010080444j:plain
すごいっす。この岩のかたまり。
そして天気もすごいです。

すれ違った方が、
「頂上行ってきたけど、もう最高でしたよ!」
と興奮していました。
「昨日までの雨で登山客も少なくて、全く渋滞もないし、頂上独占しちゃいました!早く行ってみてください!」
と強力なプッシュ!

実は、槍ヶ岳は前も上ったし、穂先はスルーして穂高に向かう方法もありかも知れない、と思っていたんですが、
やっぱりずっと槍ヶ岳を眺めながら近づいてきて、この天候だと、もう、行くしか無いですよね。
前回は頂上から何も見えなかったし。。

f:id:jkondo:20161010080904j:plain
ここに来て、計画の時間にも追いつきました。がんばった。
荷物を置いて、ちょっくら穂先まで、行ってきます!

f:id:jkondo:20161010081032j:plain
西鎌尾根から双六岳方面。
こちらは山が黄土色をしていて、少し色合いが違いますね。

f:id:jkondo:20161010081908j:plain
f:id:jkondo:20161010081902j:plain
前回はじめて来たときは、岩場が濡れていて怖かったなあ。。
今回は慣れもあるのか、それほど恐くはありませんでした。
人も少なくて、ひょいひょいと10分ほどで山頂に。

f:id:jkondo:20161010081906j:plain
ばばーーーん!
これから向かう穂高岳方面。
憧れていた、「槍穂」の稜線です。
すでに、ここから見ただけでただ事では済まない感じが伝わってきますw

f:id:jkondo:20161010082144j:plain
登頂!!

f:id:jkondo:20161010082253j:plain
みなさん、こんにちは!

f:id:jkondo:20161010082245j:plain
絶景〜〜!

f:id:jkondo:20161010082404j:plain
この尾根を、歩いてきたんですね〜

と、一通り楽しんだところで、そそくさと降ります。
まだまだ、核心部はこれからなんです。
まだまだ今日は序盤です。

f:id:jkondo:20161010085234j:plain
f:id:jkondo:20161010085647j:plain
飛騨乗越を越えて、大喰岳へ。
ここから見える槍ヶ岳は最高だよ!と誰かに教えてもらったので、
前回来た時にわざわざピストンしたんですが、
その時は結局雲で槍が見えずでした。

それが今日はこれです。快晴。
確かに、見事です。

f:id:jkondo:20161010090111j:plain
さ、前に進みましょう。

f:id:jkondo:20161010090631j:plain
f:id:jkondo:20161010091206j:plain
次に現れるのは中岳。
普通に見たら、なかなか険しい山、という感じですよね。
こんなハシゴも現れて。

でもこの日は、その後に現れる山に比べたら、こんなのは準備運動、という感じでした。。

f:id:jkondo:20161010091439j:plain
f:id:jkondo:20161010091537j:plain
f:id:jkondo:20161010093607j:plain
中岳を越えて、南岳に向かう稜線も、なだらかです。
まだまだこの辺は、こんな走れそうな区間もあるんです。

f:id:jkondo:20161010093949j:plain
東側、ちょうど反対側には、昨日歩いた常念岳大天井岳がくっきりと。
やっぱり常念のアップダウンは結構標高差があることがわかりますね。

f:id:jkondo:20161010095014j:plain
f:id:jkondo:20161010094944j:plain
f:id:jkondo:20161010095039j:plain
そんな感じで進んでいたら、あっけなく南岳に到着。
振り返ると槍ヶ岳、西には新穂高温泉方面がよく見えました。

f:id:jkondo:20161010095216j:plain
と、ここまで、思いの外歩きやすい道を順調に進んできましたが、
あ、なんだか見えてきましたね。
うしろ、よく見てみてください。

f:id:jkondo:20161010095400j:plain
南岳小屋の後ろ、なんか角度がおかしいですよね。
角度がおかしいというか、稜線が途切れていて見えないです(笑)。
えっと、そこの間んとこ、どうなってるんでしょうか。。
あと、その隙間に降りたとして、どうやって登り返すんでしょう、その壁w

f:id:jkondo:20161010095550j:plain
f:id:jkondo:20161010100409j:plain
というようなややこしいことは、ひとまず横においておいて、
まずは南岳小屋で今日のお昼ごはんをいただきます。
もぐもぐ。
このあたりの小屋は、ちゃんと営業してくれていてよかった!
(一応予備食も持ってきてますけどね。)

カップラーメン食べて、
ジュース飲んで、
さて、
いよいよ、
行くしかない。

キレットです。

天気も良いし、風も強くないし、
計画よりも早い時間で来ているし、
体調も悪くないし、
条件は整いました。

今日行けなかったら、いつ行けるんだ、というコンディションです。
行きましょう。大キレット

f:id:jkondo:20161010101941j:plain
小屋を出て小さなピークを超えると、いよいよ現れました。
どどーーん。
えええええーーー。

これ、あそこまでどうやって下りるんだ、というのもあるんですが、
それよりも向こう側の壁が謎です。

あんな岩の壁、いったいどうやって登るんでしょうか。
とりあえず見た感じ、全然登れるような気がしません。

f:id:jkondo:20161010102049j:plain
が、皆さん進んでいくので、僕も進みます。
まあ、きっと何か解決方法があるんでしょう。
難しいことは、その時に考えましょうw

f:id:jkondo:20161010102436j:plain
こんな鎖場を降りていきます。
ここでも、鎖は使わずに、ほとんど前向きに降りちゃいました。
はい、そっちのほうが怖くないんです。。

f:id:jkondo:20161010102808j:plain
降りてきたハシゴを振り返ります。
こういうのが何個かありました。

f:id:jkondo:20161010103536j:plain
随分降りてきたなあ、というところで振り返ります。
岩が、何段か層になっているんですね。
こちら側もこう見ると随分な感じですが、下りは比較的スムーズに降りられました。

f:id:jkondo:20161010103739j:plain
そしてこれから進む、北穂高方面。
やっぱり、最後の壁のところはよく分かりませんw

f:id:jkondo:20161010104705j:plain
こんな景色を横に見ながら、進んでいきます。
もしもこの下に落ちたら、、、なんて、考えないことにしましょう。

f:id:jkondo:20161010105034j:plain
なんども、こういう小さな岩のピークを越えて、北穂高への取り付き地点に向かいます。

f:id:jkondo:20161010105305j:plain
いやあー、東側(行く手左側)の谷も、なかなかですよねえーw

f:id:jkondo:20161010105333j:plain
ちょっとスリルがあるのは、こういう細いナイフリッジ。
持つところもなく、バランスを取りながら岩の上を進みます。
こんなところで突風にでも吹かれたら、、、いやいや、そういうことは考えないことにしましょう。

f:id:jkondo:20161010105433j:plain
随分近づいてきました。北穂高岳への岩壁。
これだけ近づいてますが、やっぱりどうやって登るんでしょう、これ?

f:id:jkondo:20161010105849j:plain
もうなんか、神々しいです。

f:id:jkondo:20161010105929j:plain
また、細いナイフリッジ。
よっ、よっ、よっ!

f:id:jkondo:20161010105938j:plain
振り返れば南岳。
またちょっと進みましたよ。

f:id:jkondo:20161010110018j:plain
一枚岩を鎖でよじ登りました。

f:id:jkondo:20161010110123j:plain
そしていよいよ北穂高岳へ登る取り付き地点のコルへ。
ここから例の岩壁登りが始まります。

上を見上げると、、
f:id:jkondo:20161010110129j:plain
どーーーん。
なんですかこれー。

が、よく見てみると、ルートを示すマークがそこかしこに。
ああ、やっぱりこれを、まっすぐ登っていくんですね。

もしかしたら、思いもよらない迂回ルートとかがあって、登れたりするのかなあ、とか、
ちょっとだけ期待していたんですけど。

まっすぐに、逃げることなく、登って行く。
それがこのルートの進み方のようです。

ですよね。
キレットですもんね。

f:id:jkondo:20161010110143j:plain
ということで、岩場を登り始めたのですが、
すみません、あまり写真がありません。
はい、余裕がありませんでした(笑)。

今から思うと、格好よく岩に張り付いている写真でも記念に撮っておけばよかった、
とか思いますが、その時はもう、登るのに必死でした。

f:id:jkondo:20161010110704j:plain
道は、こういう感じです。
あまりうまく伝わらないかも知れませんが、とにかくすごい角度です。
そこを、ずっと三点支持で登り続ける感じです。

f:id:jkondo:20161010111058j:plain
だいぶ上まで登ってきました。
登ってきた岩は角度が急すぎてよく見えませんw

f:id:jkondo:20161010111108j:plain
見上げると、岩。

f:id:jkondo:20161010111114j:plain
岩、岩、岩。

f:id:jkondo:20161010111304j:plain
さらに登ってきまして、、

f:id:jkondo:20161010111423j:plain
ようやく一つ壁を登ったぞ、と前を見上げると、
さらに2つほど次の壁が見えます。
なはー。

でも、よく見ると北穂高小屋が岩の上に見えています。
あそこがピーク。
水平距離はもうすぐそこですよね!(垂直距離は置いといて)

f:id:jkondo:20161010112944j:plain
また岩を登っていきます。
このあたりで、若い男女のペアとすれ違いました。
女性の方がなかなかパワフルで、
「楽しいですねー!あはははー!」
みたいな陽気なノリ。

僕も十分楽しんでいましたけど、かなり上行ってました。

「この先の岩、やばくないですか?」
と聞くと、
「え、あんなの余裕余裕!もうすぐですよ!」
とのこと。

「そ、そうすか。。」
余裕なんだ、やった!

f:id:jkondo:20161010113429j:plain
岩を登りながら、ふと横を見れば、この角度。
こんなところから落ちたら、、、(以下略)

f:id:jkondo:20161010113434j:plain
そんなこんなで、また一つ塊を上りきりました。
傾斜が急すぎて、まわりが岩すぎて、なんだかもう、だんだん快感になってきましたw

そして最後の岩場を登りきると、、、

f:id:jkondo:20161010114002j:plain
ばーん!
な、なんだ、このまったり空間は!!!
さっきまでの激しさはどこに行ってしまったんだー!

という激しいギャップを感じつつ、
穂高小屋へ到着。
安全な場所までたどり着いた安堵の気持ちに包まれます。

f:id:jkondo:20161010114008j:plain
f:id:jkondo:20161010114036j:plain
おしゃれなショップに、雲海を眺めるカフェテラス。
この山小屋のロケーションは、すごいですね。
なんという場所に建っているんでしょうか。

この絶景を眺めながら、いつかここで一泊してみたいものです。

f:id:jkondo:20161010114846j:plain
もう一度、さっき登ってきたところまで戻って、
テラスでまったりしていた方にお願いして写真を撮ってもらいました。
(まったりしていたのにごめんなさい)

いやあ、我ながらよく登ってきました。
よかったー、ここまで来れて。
キレット、無事にクリアです。

f:id:jkondo:20161010115128j:plain
今日最大の難所をクリアしたとは言え、
まだ難所はありますし、
上高地までの距離もあります。

コーラを一本飲んで、また出発。
北穂高岳を越えて、次は涸沢岳を目指します。

ここから先は、さっきのに比べたら、それほど厳しくないだろう、と思っていたんですが、、

f:id:jkondo:20161010115907j:plain
涸沢カールと、奥穂高方面。
やっぱり、結構岩ですね。

f:id:jkondo:20161010115917j:plain
ん、あ、あれ?

f:id:jkondo:20161010115924j:plain
まわり、岩だらけになってきました。

f:id:jkondo:20161010121929j:plain
じゃーん。
涸沢岳登場!

ああ、またこういう感じなんですね。
そんなに甘くないとは思っていましたが、やっぱり甘くなかったです。

f:id:jkondo:20161010121933j:plain
北穂高岳ほどの標高差はありませんが、
同じように岩の壁が立ちはだかります。

f:id:jkondo:20161010122219j:plain
ヘルメットの方々は、どこかの壁を登ってこられたのでしょうか。

f:id:jkondo:20161010122948j:plain
北穂高岳を振り返るとこんな感じ。
気の休まるときがありません。

f:id:jkondo:20161010123450j:plain
鎖場などを越えながら進んでいくと、、

f:id:jkondo:20161010123656j:plain
現れました。
涸沢岳の頂上に向かう壁。
見るからに、岩ですね。

f:id:jkondo:20161010124739j:plain
なんかもう、壁の途中の写真は全く無いんですが、
涸沢岳に登頂!!(えw)

あまりの岩の連続に、もう、無心で登り続けていたんだと思います。
自分でもよく覚えていません。
が、とにかく登頂できました。

f:id:jkondo:20161010124752j:plain
目の前には、奥穂高岳が見えてきました。

f:id:jkondo:20161010124905j:plain
穂高岳山荘まで下ります。

f:id:jkondo:20161010125724j:plain
ジュースを飲んで一服。ほっ。

あー、はげしかった。

南岳から北穂高岳の間の大キレット
北穂高岳から涸沢岳の間、
この2区間が、今回のルートでは一番厳しい区間でした。
とにかく岩の連続。

ただ、行けると言えば行けました。

僕が一番恐れていたのは、ものすごく細いナイフリッジを、おっかなびっくり越えなくてはならない、というような箇所があるのかな、と思っていたんです。(キレット=切戸だけに)

確かにそれに近いところはありましたが、慎重に行けば行けないことはない、という感じでした。

また、岩場の登りも随分長かったですが、一つ一つの動作に分解してみれば、
ボルダリングジムとかでやっているような動きのほうがよっぽど難しいと言えました。

岩はしっかりホールドできますし、危ないところには鎖やボルトが打ち付けてあって、ちゃんと持つことができます。
三点支持をしっかりやって順番に登っていけば、「こんなの絶対無理!」みたいなムーブは無い、という感じでした。

ただ、やはり、垂直に近い角度に、岩を持ちながら身体を引き上げていく、というのは、通常の登山道ではなかなか体験しない動作ですし、
それが数百mもの標高差でずっと続くので体力もいりますし、
何よりも、「こんな場所にいていいのか!」という感覚、
「自分はなぜ今、こんな絶壁に張り付いているんだろうか」と思ってしまう感覚がありました。

それは恐怖でもありますし、快感でもあったように思います。

人間も結局、アリみたいなものなんだな、と思いました。

一番最初に北穂高岳の岩壁を見た時は、「あんな壁どうやって登るの?」と思いました。
しかし、いざ近づいていって、一つ一つ岩を持ちながら動き続ければ、いつの間にか頂上には辿り着いてしまいます。

なんだか、巨木を登るアリのようです。
アリはたぶん、木を見上げて、「こんな大きな木、登れるわけがない」とか、考えもしないんでしょうけど。

人間は、山を見て、「こんなの無理じゃないか」と先に考えてしまう。
でも実際は、遠くから見たらとても登れそうにない山でも、細かく順番に動作を繰り返していたら、いつの間にか登れてしまう。

そういうことって、普段の生活でもよくあることですよね。
勉強にしても、仕事にしても。

出発する前に、登山経験豊富なOくんに、
「大キレット行けるかなあ」
と相談したら、
「大丈夫ですよ!」
と二つ返事で返ってきました。

その言葉で、ぽんっと背中を押された感覚がありました。
でも実際、行けるんですよね。

もしも近くに、難しそうなことに挑戦しようか迷っている人がいたら、
「大丈夫だよ!」
と言ってあげよう、って思いました。

f:id:jkondo:20161010131208j:plain
さてさて、旅はいよいよ終盤戦ですが、まだ続きます。
終盤戦と言っても、今回最高峰の奥穂高岳が待っています。

f:id:jkondo:20161010132806j:plain
f:id:jkondo:20161010133025j:plain
f:id:jkondo:20161010133735j:plain
今回何回目のピークでしょうか。登頂!

f:id:jkondo:20161010133245j:plain
3,190mは日本第3位の高さです。

f:id:jkondo:20161010133341j:plain
西穂高に向かう稜線にそびえ立つジャンダルム。
このルートは、今回よりもさらに難易度の高いルートです。
このルートを進む日も、いつか来るんでしょうか。

f:id:jkondo:20161010133315j:plain
下を見下ろせば、今回の終着点、上高地が見えてきました。
すごい標高差です。

f:id:jkondo:20161010134112j:plain
f:id:jkondo:20161010135558j:plain
吊尾根を降りていきます。
ここも少し険しめ。

f:id:jkondo:20161010144153j:plain
前穂高岳との分岐を過ぎ、重太郎新道の急傾斜を下ります。
だいぶ標高が下がってきました。

f:id:jkondo:20161010144433j:plain
岳沢小屋が見えてきました。
上から見た時は、小屋はもう平地くらいに見えていたんですが、
小屋からもまだ標高差700mもあります。長い!

f:id:jkondo:20161010144447j:plain
穂高よ、さようなら~

f:id:jkondo:20161010150333j:plain
f:id:jkondo:20161010150653j:plain
f:id:jkondo:20161010151235j:plain
降りてくると、紅葉でした。
葉っぱのある木、久しぶりです。

f:id:jkondo:20161010152513j:plain
小屋まで下りてジュースを飲んでいると、3人グループの皆さんにお声がけ頂きました。
「どこから来たんですか?」
と聞かれ、
大天井岳です」
と答えると、
「え?ええええー!」
と驚かれました。
全然意味がわからない、という風で、ちょっと誇らしかったです。
「そんなすごい人なら、一緒に写真撮ってください」
と言われて撮った一枚。
ありがとうございます。

f:id:jkondo:20161010160354j:plain
f:id:jkondo:20161010160500j:plain
さらに標高を下げていくと、いよいよ上高地が近づいてきて、
植生も上高地らしくなってきます。

長い下り坂を下りきると、、

f:id:jkondo:20161010161329j:plain

沢登山口に到着!!!

f:id:jkondo:20161010162038j:plain
f:id:jkondo:20161010162948j:plain

はあーー、帰ってきたーー!

f:id:jkondo:20161010163413j:plain
やったー!

いやあ、ほんと長かったです。
特に2日目。
ずっと岩場で緊張しっぱなし。
5時スタートで、4時40分着。
ほぼ12時間、歩き、走り続けました。

結果的には、天気の読みは大正解。
稜線上ではほとんどずっと、展望を楽しめました。

今年一度くらいは、と狙っていた北アルプス
山小屋が閉まる直前のラストチャンスに、無事に行ってこれました。

憧れの槍穂縦走も達成できました。

膝が痛くならず、ケガが治ってきたこともうれしい。
大満足です。

山に、天気に、身体に、感謝!

f:id:jkondo:20161010163833j:plain
河童橋で、ビールで乾杯!!
うまいーーーーーっ!
(毎日飲んでますねw)