読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUN+TRAILの記事になりました

当ブログに書いていた、京都から三重までトレイルをつなげて帰省した記録が、なんと雑誌『RUN+TRAIL』の記事になりました!

第1回:京都から三重の実家まで、トレイルを走ってみた - Tender is the Mountain
第2回:京都から三重の実家までトレイルを走ってみた - 京都から柘植まで1 - Tender is the Mountain
第3回:京都から三重の実家までトレイルを走ってみた - 京都から柘植まで2(回想録) - Tender is the Mountain
第4回:京都から三重の実家までトレイルを走ってみた - 柘植から菰野まで(回想録) - Tender is the Mountain

f:id:jkondo:20161230181611j:plain
今月発売号の特集は、「三重県」!
三重県出身者としてはたまりません。

f:id:jkondo:20161230181541j:plain
鈴鹿山脈の紹介記事などが続いた後に、現れました、「京都から三重 トレイルをつなげて帰省」。
サブタイトルは、「市民トレイルランナー 近藤淳也さんのチャレンジ」。
(市民トレイルランナーって、ちょっと新鮮w)
なんと、6ページにも渡る記事になりました。

もともとこのブログに記事を書いていたのを、RUN+TRAILの鈴木さんが発見してくださり、記事にできないか、と打診を頂きました。
昨年記事を書いた時は、公開してもあまり読んでくれる人もおらず(笑)、三重県まで辿り着くまで書き終われないままになっていました。(走るよりも書く方で途中リタイア状態w)

ところが今回、記事化の打診を頂いて、「まだ記事が完成していないのですけど」とお話したら、ぜひ最後まで書いてみてください、ということになり、記憶を掘り起こしながら書いたのが先日の記事でした。
(長ったらしい僕の文章は、鈴木さんの素晴らしい編集でとても読みやすくなっていますw)

楽しそうだな、と思ったことを、勝手にやっていただけなんですけど、やっぱりうれしいですね。

f:id:jkondo:20161230181432j:plain
それだけでもう満腹なんですけど、後半のトレラン大会ランキングコーナーを何気なくめくっていたら、比叡山トレイルランの大会写真に自分の走っている姿が!(笑)

これはもう、完全に偶然だと思うんですけど、お陰で複数ページでデビューしてしまいました。

昨年から始めたトレイルラン、今年はたくさんの知り合いができたり、こうして雑誌で紹介していただいたり、一気に広がりが増えた一年になりました。来年は仕事も忙しくなりそうですけど、楽しく山と付き合っていきたいなと思います。来年もよろしくお願いします!

RUN+TRAIL、まだ読まれていない方は、ぜひ手にとってみてください!